馬場陽色(ひいろ)は自殺? 中学で何かあったのか? 場所までも特定されているようだが・・・

奈良市で12月1日から行方不明となっていた馬場陽色さんが自殺していた可能性が報道されている。

馬場陽色さんの通っていた中学校にも当局は呼び掛けて、懸命の捜索が続けられたが残念で悲劇的な結末が訪れてしまった。

そんな馬場陽色ちゃんの最後の場所や、何故、幼い彼女が自ら命を断たなければならなかったのか?

若い命が自ら人生を終わらせないためにも、不本意ながら敢えて分析をしてみようと思う。

馬場陽色(ばばひいろ)の自殺の可能性・・・

ショッキングな結末を報道したのは、産経新聞だ。

奈良県警奈良西署は11日、奈良市で今月1日から行方不明となっていた中学2年の女子生徒(14)が11日午前、同市の自宅周辺の雑木林で遺体で発見されたと発表した。
同署が9日から公開捜査をしていた。遺体の状況から自殺の可能性が高いとみて調べている。  
同署によると、11日午前9時20分ごろ、捜索中の県警機動隊員が雑木林で倒れている女子生徒を発見。
近くの木から電気コードのようなものが垂れ下がっており、女子生徒の首にはコードが食い込んだような跡があったという。
周辺に争ったような形跡はなかった。  
女子生徒は1日午前7時20分ごろ、学校に行くと告げて自宅を出たが、その後行方が分からなくなった。  
県警は自宅周辺で聞き込みするなど捜索を続け、11日は朝から約100人態勢で周辺の池や雑木林などを捜索していた。
引用:産経新聞より

馬場陽色ちゃんが自殺した可能性が高いというのは実際に現場を検分した警察の結果によるものなので、非常に信憑性に足る情報である。

しかしまだ14歳・・・中学生という若さで、何故、馬場陽色ちゃんは自殺という手段をとっていたのか?

加えて非常に計画的であった行動とも思えるのだが。

馬場陽色(ばばひいろ)は中学で何があったのか?

馬場陽色ちゃんの顔画像や詳細などは、発見を目的にしていた為に12月3日の段階で、全国区に大々的に報道されている。

公開捜査の段階では、特にめぼしい情報にもありつけなかった警察であったが、11日に最悪の結末を迎えてしまった。

警察による発表の通りに自殺であるとすると、馬場陽色ちゃんが一日の中で大部分を過ごしていた場所は通っていた中学校である。

馬場陽色ちゃんは奈良女子大学附属中学に通っており、今年2年生の少女であった。

女子校であるということで、おそらくは人間関係においてのストレスなどもあったと伺えるが、実際には明朗快活で明るい子であり、周囲からは嫌われる要素などは無かった少女であると言われている。

だとすれば、思春期に一定の割合で表れる虚無感に苛まれて思い詰めてしまったということか?

ちなみに自殺に関する真相

実は日本における10歳から40歳までの死因の1位は自殺である。

そんな中、特に10代の自殺の原因というのは、『学校問題』が40%を占めており、続いては『健康』『家庭事情』によるものが30%。

それ以外では『学業不振』や『親子関係の歪み』などが判明している。

 

もしも、馬場陽色ちゃんが本当に警察の発表通りに自殺であったのならば、その原因の多くはやはり『中学』そのものにあったのかも知れないということになるのだが・・・。

 

馬場陽色(ばばひいろ)が見つかった場所

警察による報道の発表では、馬場陽色ちゃんが発見されば場所というのは、自宅周辺の雑木林ということになっている。

奈良市という土地柄、こうした雑木林は各所に点在しているが、最も有名なのが春日山原始林である。

このような広大な林ならば、懸命の捜索活動も遅れをとったに違いないと感じる。

 

100名体制で馬場陽色ちゃんが足を運びそうなところを探して、更にはテレビメディアやインターネットでの公開捜索をしても見つけられなったという結果。

灯台下暗しと言わんばかりに、実は馬場陽色ちゃんは懸命の捜索の中で、既に自殺していたという悲劇的な結末だったということになる。

 

馬場陽色(ばばひいろ)に関するまとめ

実際に最悪の結末を迎えた12月第一週の日本全国を巻き込んだ馬場陽色という少女のケース。

自殺という形であるが、中学で何があったのかを知る者はおそらくは少ないだろう。

そして張本人が既に存在しない状態に、結局はご両親や親族だけが一生を辛い思いを抱きながら生きていかなければならない。

更に悲劇的なのが自宅近くの雑木林という場所が最後の場所であったということは、想像に絶する不幸であるといえる。

 

若者は何故、そんなに死を急ぐのだろう・・・。

10代の少女に起きていた真相とは何だったのだろうか・・・・それを知る者はもう世界に誰もいないという最悪なシナリオになってしまったのだ。

 

これ以上、こんな悲劇を繰り返して欲しくない。

だから、筆者は敢えてこの問題を取り上げて、独自の分析をしてみるに至った。

少年少女は国の宝なのだ・・・もう、繰り返さないで欲しい。

>人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

The figure is formed with human essence by "greed", and it decides future fate, and there becomes the domain...