藤巻久美子の顔画像やFacebookは?我が子を手にかける凶行の裏に潜むものは?

藤巻久美子という群馬県安中市の女性が我が子を手にかけた容疑で逮捕された。

幼気な子供に対して、何故、母親である藤巻久美子は犯行に及んでしまったのだろうか?

そして、顔写真画像やFacebookの有無を調べるとともに、現時点での情報から事件を考察してみよう。

 

藤巻久美子が逮捕された経緯

藤巻久美子は群馬県安中市在住の32歳の女性であり、報道によると無職であったという。

旦那の詳細は報道されてはいないようだが、もしかしたらシングルマザーであった可能性もある。

ニュース映像には古びた一戸建てが藤巻久美子の家として流されていることから、実家で子供二人を育てていた可能性も見て取れる。

今月、群馬県安中市の住宅で4歳の男の子と2歳の女の子のきょうだいが死亡しているのが見つかった事件で、警察は32歳の母親を殺人の疑いで逮捕しました。  殺人の疑いで逮捕されたのは群馬県安中市の無職、藤巻久美子容疑者(32)で、今月16日、自宅の浴室で長男の慶ちゃん(4歳)と長女の愛梨亜ちゃん(2歳)を溺死させた疑いが持たれています。  藤巻容疑者は2人が見つかったあと、自宅近くの用水路で首などに傷がある状態で倒れているのが見つかり、その後、入院していましたが、30日、退院していました。  調べに対して藤巻容疑者は「覚えていません」と供述していて、警察は犯行当時の詳しい状況などを調べています。

引用:TBS NEWSより

非常に痛ましい事件であるのだが、こうした母親による我が子への卑劣な行いは社会現象にもなっているといっても過言ではない。

 

藤巻久美子の顔写真画像は?

報道では現在の段階では藤巻久美子の顔写真画像などは公開されてはいない。

明日や明後日には、テレビニュースなどで報道される可能性もある。

と、いうのもまだ4歳と2歳の我が子を自宅の風呂場で命を奪い、自身は自分で命を断とうとしていた気配がある。

事件内容から言って、かなり心の闇を背負った一人の女性の凶行という意味で、ショッキングなものだ。

悲劇性の強い事件はテレビニュースは取り上げる傾向がある為に、我先にと藤巻久美子の隠された裏側を取材するに至るだろう。

 

藤巻久美子のFacebookは?

今回、逮捕された藤巻久美子のFacebookは存在するのかを調べてみた。

同姓同名のユーザーは検索ではヒットしたが、逮捕された群馬県安中市の藤巻久美子に該当するユーザーが存在した。

2013年秋ごろから更新は途絶えているが、おそらく逮捕された藤巻久美子のFacebookであると思われる。

韓国コスメ。
かれこれ10年近く使ってますが、安いし肌トラブルが余り起きないから敏感肌でも安心~☆
卵みたいなのは洗顔石鹸で一つ一つ違うホリカホリカ♪
美容液は毎回、注文するとき時間をかけ選んでたくさん注文出来てしまう位にお安い!
今回はプロポリス、キャビア、アロエを注文してみた~
以前に比べてサンプルのおまけは減ったけど、私は日本の化粧品より好きだな。。

藤巻 久美子さんの投稿 2013年9月10日火曜日

インターネット上の有志なども、特定していると断定しているが、顔写真画像などはFacebookページには全く見られなかった。

藤巻久美子が犯行に至った動機は?

あくまで藤巻久美子の逮捕報道と類似事件のケースなどを見て、考察するしかないことを留意してもらいたい。

まず藤巻久美子が仮にシングルマザーであったとしたら、二人の我が子の父親である男性の存在は既になかったとみていい。

藤巻久美子自身も無職である為に、明らかに経済的には圧迫されていたと見てとれる。

逮捕報道の映像では、おそらくは実家暮らしであったようなので、住まいには困っていなかった可能性はある。

しかし、子供二人を抱えて、収入がない母親というのは、その心理状態は極めて普通ではいられないのは明白だ。

かといって、満足な収入を得る仕事にありつくには、このコロナ禍の中では非常に厳しい状態である。

 

この子たちの為にも・・・

 

報道によると、藤巻久美子は自宅近くの用水路で、おそらく自決しようとしていた気配がある。

要するにこれは無理心中のような悲劇的な結末があったと考察できる。

 

藤巻久美子の欲望などは子供たちには関係ない

あくまで個人的な意見であるが、藤巻久美子が我が子を手にかけるということは、現在の状況から逃れたいという『逃避欲求』が働いたことによるものとも見える。

しかし、まだ物心もつかない子供・・・2歳と4歳の男の子、女の子には、大人の都合や事情などは分かるわけもない。

母親の藤巻久美子の負担や都合などは、到底、知る由が無いのだ。

あくまで藤巻久美子の問題だけで逢って、子供を手にかける正当な理由などはありはしないのだ。

重要なことは確かに今回、無残にも命が潰えた子供二人は藤巻久美子の子である。

しかし、それと同時に子供というのは、社会の子でもあるのだ。

決して親だから何をしてもいいわけではなく、産んだからには立派に成人するまで育てて、新たな社会人として自立まで導くのが親となった大人の役目なのだ。

藤巻久美子にはそうした自覚がなかったのか・・・或いは日々の重圧に疲れて、精神を病み、冷静な頭脳を働かせれなかったのだろうか?

それは、今後の警察の捜査で判明するのかも知れない。

 

おわりに

藤巻久美子の顔画像やFacebookについてや、犯行動機などを考察してみたが、可哀想なのは本当に子供たちである。

実際に藤巻久美子が育児放棄したとしても、親に責任能力が無い場合は、国が血税を使って子供たちを保護する制度や仕組みが既にあるのだ。

それなのに、何故、命まで奪う必要があったのか・・・。

子供というかけがいのない存在を、親だからと言って未来の可能性が無限大の命を奪うとは、非常に卑劣であると個人的に感じる。

しかし、この様な事件というのは、昔も今も決して後を断たないわけである。

それは果たして社会が悪いのか・・・それとも一定数、必ずそういう事件が起きるように予め神の手によって定められているのか?

個人的にはこうした事件は一度たりとも起きて欲しくない・・・その為の社会が構築してほしいと切に願っているのだが・・・。

>人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

The figure is formed with human essence by "greed", and it decides future fate, and there becomes the domain...