原仁史の家族や嫁は? 病気と逮捕によって退任となるえるのか?!

原仁史は島根県雲南市の市長であるが、事もあろうに自身の面倒を見てくれる看護師に暴行をしたかどで逮捕された。

そんな原仁史の家族や嫁などの詳細を調べていくとともに、病気が高じての逮捕劇の後には退任という可能性があるかどうかなども考察していこう。

原仁史について

原仁史(はらひとし)は昭和30年5月15日に島根県大東町(現在は雲南市大東町)で生まれた。

1978年3月に京都大学法学部を卒業し、島根県庁に奉職する。

農林水産部長や健康福祉部長に任命された後の2015年3月に島根県庁を定年退職する。

2015年7月には公益財団法人・ふるさと島根定住財団副理事長に就任し、翌年6月には理事長になり事実上のトップとなる。

2020年6月に退任した後、11月15日の雲南市長選挙に無所属で立候補。(自由民主党の推薦があり)

無投票により初当選し、11月28日から雲南市長に就任した。

原仁史の家族や嫁は?

原仁史の経歴をみると非常に輝かしく目を見張る。

京都大学法学部を卒業するだけでも凄いが、県庁に行った後も、常に人の上にたち責任のある仕事に就いている。

しかもキャリア公務員であるからには、確実に家族(嫁や子供)がいて、立派に育て上げたであろうが、何人家族なのか?とか、息子や娘なのか?などの詳細は一切、出てこない様子。

だが、地元の島根県雲南市においては、確実に名士であったことから、おそらくは地元民たちはかなり細かく詳細を知っていることだろう。

新情報がありしだい、追記という形をとらせてもらいたい。

 

原仁史の病気とは?

まずは原仁史が逮捕された報道を今一度、みてみよう。

島根県雲南市の原 仁史市長が16日朝、出雲市内の病院で看護師の女性にけがをさせたとして傷害容疑で逮捕された。
出雲署によると、逮捕された原 仁史市長(65)は16日午前6時50分頃、出雲市内の病院の廊下で看護師の女性(28)に素手で掴みかかるなどの暴行を加え、首や耳にけがをさせた疑いが持たれていて、16日午後7時過ぎに逮捕された。
原容疑者は調べに対し「間違いない」と供述し容疑を認めているという。
警察が動機などを調べている。
原市長は先月8日の市長選で無投票で初当選を果たしていたが、今月9日に初の所信表明をした定例市議会初日が終わった後に激しい頭痛や吐き気などを訴え、「高血圧緊急症」と診断され入院中だった。
引用:FNNより

原仁史の病気は『高血圧緊急症』というものである。

これは別名『悪性高血圧』ともよばれており、血圧の異常な上昇によって、脳や心臓、他臓器に急性の障害を起こしてしまう病気。

すぐさま治療しないと命に関わる重大な病気であると知られている。

この病気の原因というのは、生活習慣によって高血圧がある人間が更に悪化した場合。

ホルモンを分泌する臓器に腫瘍が出来たりすることにより、一気に血圧が上昇するケースが多いことで知られている。

原仁史の生活習慣などは分からないものの、年齢も還暦を過ぎた65歳という高齢なために、様々な臓器が健常者と違って異常が起きていたのかも知れない。

そして、それに付随して、一大事を引き起こすことになるわけだが・・・。

原仁史は雲南市長を退任してしまうのか?

原仁史は高血圧緊急症という病気によって、幸い命は取り留めたものの、おそらくはやたらと怒りっぽくなっていたり、理性が効かない状態になっていた気配がある。

そもそもホルモンバランスなどが平常ではない場合は、突然、怒り出したり、悲しんだりと情緒不安定になることが多い。

だからこそ、病院の看護師に暴行を働くという理不尽極まりない行為に及んだのではないのか?という憶測が持てる。

これまでのキャリアと地元の人々に慕われている原仁史が、そんな無節操で理不尽な行為に及ぶなんてことは、何かおかしいことでもなければありえないと感じるからだ。

しかし、雲南市長になってすぐに病気にかかり、入院先の病院で逮捕事件を起こしてしまうという辺り、市長の椅子に座ったのはわずか一日と言うお粗末な状態。

逮捕されたということであるならば、これは明らかに前科者となるわけであり、退任は確実なものであると思うのだが・・・。

何か特別な理由(例えば暴行を受けた看護師に100%原因がある)というのでもなければ、原仁史は雲南市長から退任という形で責任をとる必要に駆られると感じる。

当然、支援者の多くはがっかりするだろうが、全国に原仁史の病気や逮捕が知れ渡った以上、市長を続けていくことは困難なのではないか?

果たしてどうなっていくのか、今後の成り行きを見守りたいと思う。

>人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

The figure is formed with human essence by "greed", and it decides future fate, and there becomes the domain...