五本真徳のTwitterやFacebookが彼女も写っててヤバい! 富山市の男性監禁グループの電気工事業の男はコイツだ!

五本真徳(ごほんまさのり)は富山市で起きた男性監禁グループの一人であり、報道では首謀者のような形で書かれている男である。

五本真徳は他メンバーと同じように、やはりTwitterやFacebookのユーザーであり、そこには顔画像や彼女とおぼしき女性の存在も投稿していたのだ。

これらをまとめて、キューレーションしたものをお届けしよう。

五本真徳のTwitterを発見!

(関係者の依頼によりTwitter画像を削除しました。)

五本真徳は2013年3月からTwitterのユーザーであるが、2か月程度しかやっていないようだ。

おそらくは五本真徳も他のメンバーと同じように中学生の時に、何となく流行りに乗じてお試しでやってみたという具合であろう。

特に目立った投稿などはなく、単純に自分自身の現状を適当につぶやいただけの価値のないコンテンツであると見ていい。

五本真徳のFacebookには顔画像と・・・


しかし、五本真徳のFacebookはTwitterと違って、興味深い投稿がされているのだ。

特にFacebookのプロフィール欄には自身が電気工事の電気屋見習いと公開しており、富山市出身、富山市在住としている。

このことからも、今回、逮捕された五本真徳であることが確定であることを証明している。

更に、赤裸々に彼女とおぼしき女性との写真も自身の顔画像と供にアップロードしていたのだった。

五本真徳と鳥居千華は恋人同士だったか?

Facebookに投稿された顔画像などの写真のなかに、一つ興味深いものがある。

それは五本真徳が一人の制服を着た少女にキスをしている画像である。

彼女とおぼしき少女の顔は隠されているが、この顔は同じ犯行グループで逮捕された鳥居千華とよく似ていないだろうか?

眉の細さやつぶらな眼の作りなどが、非常に酷似しているといえる。

そうなってくると、富山男性監禁グループに何故、女が一人だけ紛れ込んでいたのかが見えてくるのだ。

(情報提供者により、この女性は鳥居千華ではないという証言がありました。)

五本真徳に関するまとめ

五本真徳が逮捕された概要を今一度、紐解いてみよう。

12月14日の夜に富山市で、男性(40代)を車に押し込んで監禁し、顔を殴るなどの暴行を加え、現金80万円余を奪ったとして、いずれも20代の男女6人が逮捕されました。
逮捕されたのは富山市岩瀬港町の自称・電気工事業、五本真徳容疑者(22)らいずれも20代の男女あわせて6人です。
警察によりますと、6人は12月14日の午後9時すぎ、富山市湊入船町の駐車場で男性(40代)を自分たちの車に押し込んで監禁しました。
そのうえで顔などを複数回殴るとともに、刃物を突きつけて「殺すぞ」などと脅し、富山市内の別の場所に車で移動したうえで現金82万円を奪った逮捕監禁と強盗の疑いがもたれています。
警察は6人の認否を明らかにしていませんが、6人は知人どうしで、一部の容疑者は被害にあった男性と面識があったということです。
警察では男性を狙った目的やいきさつなどを調べています。
引用:NHK NEWS WEBより

あくまで筆者が情報が今は乏しい富山男性監禁の背景を推理した上での不確定な仮説と思ってもらいたい。

五本真徳を中心とした犯行グループは、鳥居千華に美人局を仕掛けて中年男性にアクセスして、金を巻き上げるという犯罪を企て実行したのではないか?ということ。

そんな鳥居千華とは五本真徳は恋人同士であった可能性が、前述したFacebookの画像からも推測できる。

逮捕された犯人たちは全て富山県に在住しているものたちばかり。

出身中学校などは違えど、全員がその時期に知り合いや友人関係で合ったことが伺える。

つまり、短絡的ではあるのだが、計画的に組織された犯罪グループが立ち上がっていたのかも知れない。

続報があれば、また改めて追記しようと思う。

富山市の男性監禁グループの犯人たちの氏名

鳥居千華 ☜ 関連記事に飛びます

池直樹

大塚繁弘

早川椋也 ☜ 関連記事に飛びます

磯谷聖 ☜ 関連記事に飛びます

 

池直樹と大塚繁弘に関しては、ネット上には他情報が現在のところは見当たらない。

同姓同名のSNSはいるものの、別人であると思われるので、敢えて取り上げてはいない。

>人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

The figure is formed with human essence by "greed", and it decides future fate, and there becomes the domain...