中村成太のFacebookや顔画像がイケメン! 嫁や子供までも・・・無免許運転でひき逃げした男の堕落した人生とは?

中村成太という大阪市在住の男がひき逃げ事件を起こして逮捕されている。

Facebookから顔画像や嫁や子供の姿なども過去に投稿していたのだが、投稿された記事から若い頃などはイケメンであるが故の過去も伺える。

死亡ひき逃げ事件を起こした中村成太が自ら投稿した情報をまとめてみよう。

中村成太が逮捕された概要

中村成太が逮捕された報道は関西テレビにより一報がもたらされた。

11月、大阪市生野区の路上で新聞配達員の女性がひき逃げされ死亡した事件で、29歳の男が逮捕されました。
無免許過失運転致死などの疑いで逮捕されたのは、住所不詳の中村成太容疑者(29)です。
警察によると中村容疑者は11月24日未明、生野区巽西の路上で、新聞配達中の68歳の女性が乗った原付バイクを普通乗用車ではねて逃走し、死亡させた疑いが持たれています。
女性が乗っていた原付バイクには衝突され破損したとみられるキズがあり、路上にブレーキ痕は残っていませんでした。
中村容疑者が乗っていたとみられるセダンタイプの車は、12月に大阪市内の路上で前方部分が破損した状態で放置されているのが見つかり、警察が調べたところ盗難車であることが分かりました。
中村容疑者は無免許で、調べに対し黙秘しています。
引用:関西テレビより

極めて悪質な犯行であると思えないだろうか?

無免許運転だけでも悪質極まりないのだが、加えて盗難車であったということ。

そして最も卑劣なのは、この交通事故はひき逃げであったということであり、被害者は命を落としているということである。

全くもって理不尽極まりないと言える。

それを起こした加害者が中村成太ということであるのだ。

中村成太のFacebookと顔画像

中村成太とFacebook上で検索をかけると複数のユーザーが表示されるが、その中で大阪市にいる同姓同名のユーザーが3名ほど出てくる。

だが、この3名は全て同一人物であるのだ。

報道によると逮捕された中村成太は29歳であり、大阪市で自らFacebook上に投稿している中村成太の投稿は2013年3月25日で止まっている。

顔画像は2012年に投稿されているものが多い。

21歳の頃の中村成太とすると、年恰好は合致すると言える。

3つの中村成太のFacebookアカウントからは、非常に興味深い情報が得られるので、それらを次は見ていこう。

中村成太は若い頃の画像

2012年に中村成太が自ら進んで投稿したFacebookアカウントには、自身がホストであった頃の顔画像などが閲覧可能状態になっている。

しかし、イケメンであると言える。

ホストとしてはその後の投稿を見る限りは大成せずに続かなかったことと思われる。

中村成太は縦社会で金にシビアな世界を生き残れなかったということなのか?

また小学生の頃の顔画像なども中村成太はアップロードしている。

こちらもやはり非常にイケメンであり、凛々しい顔立ちが特徴的である。

 

(この画像は削除されました)

そして、興味深いのが10代の頃と思われるが、仲間と供に撮影した画像だ。

タトゥーを入れており、その姿はハッキリ言ってしまえば『不良』、『アウトロー』といった具合なのが伺える。

要するに中村成太の若い頃というは、ヤンキーであったことが見て取れるのだ。

中村成太の嫁や子供の画像までもFacebookに

 

(画像は削除されました。)

更に興味深いのが嫁と思われる女性と子供の画像を投稿していることである。

Facebookのプロフィール欄には『婚約中』となっているので、厳密に言えばこの画像を投稿した時期は、結婚はしていなかったと思われる。

だが、ここでは敢えて便宜上、嫁という言い方をさせてもらおう。

 

(画像は削除されました。)

これだけ見ると、若い夫婦の一家団欒が伺える微笑ましい画像にしか思えない。

中村成太もイケメンであるが、嫁と思しき女性も美しいと思える。

加えて、その子供もあどけなくて可愛い。

 

(画像は削除されました。)

この時期、現在から約8年前は慎ましくも幸せな時期が中村成太にはあったということなのだろう。

しかし、それから数年の時を経て、堕落した人生を送り、ついには何の罪のない女性の命を奪ってしまったという犯罪をおかしたということである。

 

中村成太の事件などから背景を考察

Facebookなどの数少ない投稿から、現在の状態を紐解いて考察できることがある。

若い頃はグレたりしたり、ホストなども経験したこともあったが、Facebookを始めた2012年頃は嫁や子供にも恵まれて、所謂、普通の人生を送ろうとしたに違いない。

実際にそういう類の人間は多く、波乱万丈な人生をおくったということは、他人が割と共感してもらえたりするので、人の縁が多くなりやすいわけだ。

だが、普通の人生を送るというものは、実際は強い精神力が要求される。

忍耐も必要となるし、自分自身が何の仕事をしていくのか?によっても、その後の人生は大きく変わる。

中村成太は嫁や子供という家族がいたわけだから、もはやそうなってくると自分の好きなことを出来なくなるわけだ。

家庭を築いてから程なく自分自身をコントロール出来なくなり、家庭を自ら破滅に追いやるという例は数多いわけだ。

おそらくは嫁や子供とは離れた中村成太は結局のところ、報道であるような着地点に向かっていったのではなかろうか?という考察が成り立つ。

住所不詳・・・盗難車、加えて無免許ということで、もしかしたら半グレや組関係に属していた可能性もあるのかも知れない。

何にせよそれらの状況から日々の生活は困窮していたか、もしくは世間からは逸脱した生活環境に身を置いていたのは間違いないだろう。

この事件に関しては新情報が分かり次第、追記と言う形をとっていこうと思う。

>人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

人間の本質と姿は『欲望』によって形作られ、それが未来の運命を決めて、そこが領域となる。

The figure is formed with human essence by "greed", and it decides future fate, and there becomes the domain...